医師紹介

井上整形外科 院長 井上 浩

経歴

1998年 3月 北里大学医学部卒業
  4月 慶応義塾大学医学部整形外科学教室入局、同研修医
1999年 8月 国立埼玉病院勤務
2000年 7月 大田原赤十字病院勤務
2001年 7月 慶応義塾大学月ヶ瀬リハビリテーションセンター勤務
2002年 1月 小田原市立病院勤務
2003年 2月 静岡市立清水病院勤務
2004年 4月 慶応義塾大学整形外科学教室助手
2005年 4月 小田原市立病院勤務
2006年 4月 平塚市民病院医長
2012年 10月 上記職を退職
2013年 1月 井上整形外科開業

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リウマチ友の会
  • 日本職業・災害医学会他

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
  • 日本職業・災害医学会労災補償指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者福祉法指定医
  • 義肢装具等適合判定医師
  • 難病指定医

井上整形外科 副院長 井上 裕美

経歴

2002年  3月 北里大学卒業

理念 ~医療機関ならではの、医療と介護の融合~

当院で行っている通所リハビリテーションでは、入浴や食事の介助といった生活支援は行わず、4人の理学療法士が、限られた時間内で集中的に運動に特化したリハビリを行っています。そうすることで、効果的に介護度の改善につながると思います。階段を上れるようになったり、椅子からつかまらずに立ち上がれるようになったり、徐々に改善していくのがわかります。

今後も、リハビリスタッフを充実させて、より多くの人を受け入れられるようにしていきたいと思います。リハビリの実施日も利用者の増加に伴い、2018年10月に、これまでの週2日から週3日に拡大しました。

将来的には、月・火・木・金の週4日に変更する予定です。そうして、地域の皆さんに介護保険サービスを適切に使っていただくことで、寝たきりの予防をめざしていきたいと考えております。

「医療」と「介護」を分けるのではなく、両者の垣根を越えて、地域の方に必要なケアを提供できるような環境を整えていければと思っています。というのも、これまで行ってきた通所リハビリを通じて地域の高齢者の現状を知るうち、現場で求められているのは医療と介護の融合なのだと気がついたのです。私はそれを「医護®」という言葉で表現していますが、この考え方は今後大切になってくると思います。昨年、神奈川県が実施するME-BYOリビングラボ「健康寿命延伸のための地域サポーター育成事業」に参加し、当院は寝たきり防止に向け、ロコモティブ症候群に関する講演を行いました。その結果、スタッフのモチベーションと地域の皆さんの関心が高まったと感じています。今後も「医護®」という考え方を念頭に、地域の方が必要なケアを受けやすい環境を提供していきたいと思います。

当院の通所リハビリテーション受け入れ体制拡大について

医院概要

〒252-0024
神奈川県座間市入谷5-1809
県道407号沿い、『座間駅前』交差点を海老名方面へ200m直進
停めやすい駐車場22台完備
【路線バス】『皆原』停留所すぐ[海10/神奈川中央交通]
電話番号 046-256-1177
診療時間
09:00~12:30
15:00~18:30